お部屋作り

一章 部屋を探す、作る、住む

挨 拶

さぁここからが楽しいポイントなのかも(^-^)。 「部屋作り」です。

あなたの夢の一人暮らし、どうしたいですか?雑誌にでるようなかっちょいい部屋や、今流行りのDIYで作った手作りの部屋。ここでのポイントは、「単品で家具を選ばずコンセプトを決める事」。色がごちゃごちゃしちゃうと部屋まで落ち着きの無い部屋に見えちゃうので色は3色位に抑えて、ポイントに色をちょこんと入れるのがいいのかも。それと色については専門知識になるけどこんな風にも言われてます。(下表参照)

ベース・アソート・アクセント カラー

全体の面積率場所・内容
ベースカラー(基調色)約70%床・壁・天井等。
最も大きな面積を占めるので部屋全体のイメージにつながります。個性の強くないあきのこない色で他の色とも合わせやすい色が良いです(アパートは大体白ですけどね)。
アソートカラー(配合色)約25%カーテン・ソファー等。
ベースカラーの次に面積を占める色で配色全体のバランスをとり、安定させる役割を果たす色なのでベースカラーと同系、又は類似色を選ぶと部屋がまとまります。
アクセントカラー(強調色)約5%クッション・小物等。
部屋の中でも小面積の部分に用いる色で配色全体を引き締めたり変化をつけたりする役割を果たす色なので、ビビットな色を選ぶと部屋にメリハリが出来ます。

部屋別カラー例

場所ポイントサンプル
リビング暖かみを感じるやさしいオフホワイト・ベージュ系をベースに。白は光を反射してしまうので目が疲れます。
勉強部屋気持ちを鎮静させる寒色系をベースに。カーテンを青と黄色のチェックやストライプにするなどの工夫をしないとやる気まで鎮静しちゃうかも。(笑)
寝 室青系が一日の疲れを癒し、安眠をもたらしてくれます。冷え性の人には暖かみのあるベージュ系の配色がお勧め。
トイレ白より暖かみと清潔感のあるアイボリーがお勧め。トイレカバーとかにアクセントで黄色を使う。
バスルームお勧めはさわやかなグリーン系の色。安らぎ感のあるクリーム色の配色もよい。
照 明食卓では、白熱電球が最適。

宝島社発行の『smartインテリアBOOK 2008年秋冬号』にて当社の管理物件『メゾン・ヌー』が掲載されました。是非皆さんも居心地の良い部屋作りに挑戦してみてください。
(雑誌から転載したものなので、写真の写りが悪くてすみません><)