知恵袋的な役立ち技(節約編)

三章 暮らしの裏技

ここでは洗濯・掃除・自炊・節約を軸にいくつかの暮らしの裏技(伊○家・お婆ちゃんの知恵袋的な役立ち技)をご紹介します。あなたの生活のお役に立てると嬉しいな~

電気の傘の裏側をアルミホイルで・・・

アルミホイルでペタペタ張ればアルミの反射で明るくなります。でも友達に見られるのは恥ずかしいかも・・・

万能ネギは根元から4cm残す

根っこを植えて約10日水やるだけで生えてきます。 簡単な家庭菜園です。

冷蔵庫の配置

壁から適切な間隔をあけて設置すると節電になります。

冷蔵室と冷凍室の収納の違い

冷蔵室は詰め込みすぎると冷気の循環が悪くなる為、電気代がかかってしまいます。詰め込みすぎないようにしましょう。逆に冷凍室は、ぎっちりと詰め込むことにより冷気が逃げにくくなり、効率もよくなります。

エアコン(冷やす際)の使い方

エアコンはドライよりも冷房設定の方が消費電力が少ない。

設定温度になるまでの時間

風量は節電を考え、微風にしておくと設定温度になるまで時間が掛かり返って消費電力が大きくなる。風量は「自動」がベスト。(設定温度になるまでの消費電力のことも踏まえ、1~2時間程度外出する際、場合によってはエアコンをつけたままの方が省エネになります。)
フィルターが目詰まりしていると設定温度になるまでに時間が掛かるそうなのでこまめなお掃除も省エネになります。

エアコンと扇風機の合わせ技

扇風機との併用 エアコンの冷気等の冷たい空気は対流により、下に落ちる傾向があります。
「扇風機の併用で空気を循環させると効率がよい。」と言われています。また、エアコンからの風を人に向ける事で冷たい空気が当たり、体感温度も下がりますので設置場所も考えるとGOOD。

室外機の配置場所

室外機を日陰に置く(省エネルギーセンターのデータで室外機の温度を下げるだけで10%の節電になるという。)

テレビの明るさ

テレビは明るさ設定を調節。明るければ明るいほど消費電力が大きくなります。(明るさを「最大」から「中」に変えたら年間490円位の節約に)

パソコン起動時の放置時間

次使うまでに1時間45分以上超えるなら「シャットダウン」、それ以下ならば「スリープ」に。

掃除機のお手入れ

エアコンの時同様、フィルターや紙パックをこまめに手入れ・交換することで吸引力を維持。早く綺麗になれば利用時間が減るので節電にも繋がります。